本文へ移動
 
 
 施設案内 
清風荘のあらまし
 
名古屋市清風荘は、老人福祉法の規定により設立された軽費老人ホームで、一人暮らしの方や家庭の事情などにより家族と一緒に生活できない高齢者の方に低額な料金で住居や食事などを提供し、健康で明るい生活を送っていただく為の施設です。

 1.所在地
    名古屋市千種区香流橋1-2-26
 2.設立
    名古屋市
 3.管理・運営
    社会福祉法人 なごや福祉施設協会
 4.設立及び事業開始年月日
    昭和41年4月1日
(平成13年7月24日、現在地に移転し事業を開始) 
 5.敷 地
    4,049.52m2
 6.建 物
   鉄筋コンクリート6階建
    5,917.22m2
 7.定 員
    160人(148部屋)
内訳:単身者136人(136部屋)、夫婦24人(12部屋) 
 8.職 員
荘長1、副荘長1、相談員1、事務員2、看護師2、
栄養士1、介護職員8     嘱託医(1) 合計16(1)人
※嘱託医は非常勤職員。
※平成15年4月1日より、給食業務を民間業者に委託。
 
 
沿革
 
名古屋市清風荘は、老齢人口の増加、世帯の核家族化、住宅事情などにより、ますます重要となってきた老人福祉対策の一つとして、昭和41年4月1日に開設されました。
竣工当時の清風荘の外観
 当初は、名古屋市千種区田代町瓶杁108-4にて、定員120人(単身者80人、夫婦40人)で発足しましたが、その後、昭和46年に既設建物の北側へ単身者居室40室を増築し、昭和47年6月1日から定員を160人(単身者120人、 夫婦40人)に変更しました。
 
 さらに、平成13年7月24日に、現在地である名古屋市千種区香流橋1-2-26に定員160人(単身者136人、夫婦24人)で、移転改築しました。
 
 平成14年4月1日からは、名古屋市環境局猪子石工場よりゴミ焼却熱を利用した発生蒸気による発電・熱源供給設備からの電気及び熱源の供給を受けています。
名古屋市環境局猪子石工場
平成21年4月1日から指定管理者制度により、社会福祉法人 なごや福祉施設協会が管理・運営を行っています。
 
 
 
位置 及び 環境
 
 
 本市北東部に位置し、北は守山区、東は名東区に隣接し、矢田川と 香流川の合流地点にあり、名古屋市環境局猪子石工場、 同千種環境事業所、香流橋プール、香流橋地域センター、茶屋坂自動車学校に隣接しています。
 
 また、同じ建物には、なごや福祉施設協会が運営するデイサービスセンター香流橋があります。
社会福祉法人
なごや福祉施設協会
〒466-0031
愛知県名古屋市昭和区紅梅町
3丁目3番地 円昭ビル3F
TEL.052-842-5531
FAX.052-842-5532
  • 特別養護老人ホーム
    (介護老人福祉施設)
  • ショートステイ
    (短期入所生活介護・介護予防短期・入所生活介護)
  • デイサービス
    (通所介護・介護予防通所介護)
  • 居宅介護支援事業
  • ケアハウス
  • シルバーハウジング
    (高齢者世話付住宅)
  • 生活援助員派遣事業
  • 軽費老人ホーム(清風荘)
  • 高齢者いきいき相談室
    (地域包括支援センターブランチ型・総合相談窓口)
3
9
5
6
5
9
TOPへ戻る