社会福祉法人なごや福祉施設協会では特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどを運営しています。|愛知県名古屋市

qrcode.png
http://nagoyaka.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
社会福祉法人なごや福祉施設協会
〒466-0031
愛知県名古屋市昭和区紅梅町
3丁目3番地 円昭ビル3F
TEL.052-842-5531
FAX.052-842-5532
●特別養護老人ホーム
(介護老人福祉施設)
●ショートステイ
(短期入所生活介護・介護予防短期
 入所生活介護)
●デイサービス
(通所介護・介護予防通所介護)
●居宅介護支援事業
●ケアハウス
●シルバーハウジング
(高齢者世話付住宅)
●生活援助員派遣事業
●軽費老人ホーム
(清風荘)
●高齢者いきいき相談室
(地域包括支援センターブランチ型
 総合相談窓口)
183867
 

新着情報一覧

 

施設の活動紹介等

施設の活動紹介等
フォーム
 
8月5日(日)夏祭りを開催いたしました♪ ~なごやかハウス福原~
2018-08-10
~昭和区にございます、なごやかハウス福原から夏祭実施のご報告~
 
 

今年は、地域の方による盆踊りや夏を意識した写真撮影ブース、

ご当地コロッケ(もんじゃコロッケ)、わた菓子、玉転がしゲームをご用意!

 

お孫さんやひ孫さんらと一緒に、ゲームの景品の光るメガネを掛けながら、

写真撮影をするなど、とても楽しんでいただけたようです。

 

暑い中、地域の皆様、ボランティアの皆様、ご家族様もたくさん

お越しくださり、無事開催できたことを感謝申し上げます。
 
スライディングボード研修を実施しました! ~なごやかハウス三条~
2018-08-03

 726日に三条でスライディングボードを使用した移乗方法の研修を実施しました。当法人では今年度から本格的にスタートした「中長期経営計画」に基づき、介護に携わる職員の身体を守り、ご利用者様にも安心していただけるケアを提供する為、今年度からノーリフティングケアへの取り組みを始めています。7月にリフトリーダー養成研修を受講した職員がインストラクターになり、体の使い方や、電動ベッドの有効な使用方法、スライディングボードを使用しての移乗方法をレクチャーしました。受講生からは「これは楽だ!」「怖くない!」など、好評なご意見を頂けました。現在はまだ3名のご利用者のみを対象としていますが、何度か研修を重ねて、多くのご利用者がスライディングボードを使用しての移乗介助をできるようになればと思います。

 

【写真①】

 青い板のようなものが「スライディングボード」です。ご利用者の臀部を滑らせるようにして使うことで、ベッドから車椅子の移乗が楽にできるようになります。

 

【写真②】

 右端の男性が今回のインストラクターです。今回はパート職員からベテラン職員まで幅広いキャリアの職員が参加しましたが、とっても分かりやすく説明してくれました。

 

【写真③】

 職員同士がお互いに実践しました。介助する方も、介助される方も「怖くない。」「これは楽だね。」と言っていました
 
 
大相撲高砂部屋の慰問がありました! ~なごやかハウス三条~
2018-07-26
 7月23日に朝日新聞厚生文化事業団のご協力で大相撲高砂部屋の慰問が開催されました。
当日は朝乃丈(あさのじょう)関と朝興貴(あさこうき)関の2名が来苑され、技を披露したり、スタッフと取り組みをしたりして、会場を大いに盛り上げてくれました。また高砂部屋の元力士である松田マネジャーがちゃんこ鍋も作ってくれて、慰問の後は本場のちゃんこ鍋をみんなで味わいました。
ご利用者、スタッフとも最高の一日を過ごすことができました。
 
【写真】
三条場所①
 朝乃丈関と朝興貴関と松田マネジャーです。朝乃丈関は173㎝、115㎏、朝興貴関は186㎝125㎏あります
 
三条場所②
 三条の事務職員との取り組みです。事務職員も198㎝、120㎏と体格は互角ですが、全く歯が立ちませんでした。
「40分間走るバスケより全然きつい!」と。
 
三条場所③
 90人前のちゃんこ鍋!
 
 
 
~ノーリフティングケア研修~
2018-07-18
 7月3日と6日の二日間、なごや福祉用具プラザさんにご協力いただき、ノーリフティングケア研修を開催しました。この研修は一般のリフトリーダー養成研修と同じ内容であり、カリキュラムの全てを受講した者には、公益財団法人テクノエイド協会理事長名によるリフトリーダー養成研修修了証書を交付いただけます。
 
 当法人では昨年度までに策定した「中長期経営計画」に基づき、介護に携わる職員の身体を守り、ご利用者様にも安心していただけるケアを提供する為、今年度からノーリフティングケアへの取り組みを始めました。今回の研修には特養全施設の職員、およびデイサービスセンターの職員も参加しましたが、初めてリフトやスライディングボードに触れる職員も多く、その効果を実感したところです。
 
 今後はリフトリーダーとなった職員を中心に、皆で協力して各施設での取り組みを推進してまいります。
 
東海北陸ブロック老人福祉施設研究大会(岐阜大会7/12・13)
2018-07-18
 7月12日(木)・13日(金)に 岐阜で開催されました「平成30年度 東海北陸ブロック老人福祉施設研究大会」の第2分科会に於いて「これからの人材育成」というテーマで、大規模法人ならではの課題である、施設間の業務内容や施設ルールの違いなどを解消するために、約一年をかけてケア統括長会で作成した「新規採用介護職員指導指針」について発表させて頂きました。
 
 これからの人材育成を法人として考える上で、組織として新人職員の育成に責任を持ちつつ、法人としての業務の標準化につなげるとともに、指導的役割を担う職員の育成にも一助となる当法人独自の職員指導システムの構築についてもお話しさせて頂きました。
 
 発表後には法人統一マニュアルである「介護職員業務マニュアル」への問合せや、後日メールにて「新規採用介護職員指導指針」についてのお問合をいただきました。他法人様にも開示させていただき、今後お互いの職員指導に活かしていければと思います。

 

<<社会福祉法人なごや福祉施設協会>> 〒466-0031 愛知県名古屋市昭和区紅梅町3丁目3番地 円昭ビル3F TEL:052-842-5531 FAX:052-842-5532