社会福祉法人なごや福祉施設協会では特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどを運営しています。|愛知県名古屋市

qrcode.png
http://nagoyaka.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
社会福祉法人なごや福祉施設協会
〒466-0031
愛知県名古屋市昭和区紅梅町
3丁目3番地 円昭ビル3F
TEL.052-842-5531
FAX.052-842-5532
●特別養護老人ホーム
(介護老人福祉施設)
●ショートステイ
(短期入所生活介護・介護予防短期
 入所生活介護)
●デイサービス
(通所介護・介護予防通所介護)
●居宅介護支援事業
●ケアハウス
●シルバーハウジング
(高齢者世話付住宅)
●生活援助員派遣事業
●軽費老人ホーム
(清風荘)
●高齢者いきいき相談室
(地域包括支援センターブランチ型
 総合相談窓口)
183858
 

新着情報一覧

 

施設の活動紹介等

施設の活動紹介等
フォーム
 
中京テレビが取材にみえました。~なごやかハウス滝ノ水~
2018-12-13
 12月11日に開催の『あいち・なごや 介護ロボットフォーラム2018』において、当施設ケア統括長が「移乗支援(装置)機器の導入の経緯と活用の実際」の報告を行うこととなったご縁で、中京テレビが12月10日に当施設に取材にいらっしゃいました。当施設が本年度より導入した、腰痛予防のロボットスーツ(介護ロボット) 「移乗介助(装着型)HAL介護支援用(腰タイプ)」の活用の実際についての取材でした。
 職員が単身で多数のご利用者様のケアを行う夜勤帯でのベッド上の排泄介助や体位交換等「中腰」で行うケアは腰部への負担が大きく、腰痛へと繋がるリスクが大きいことから当施設ではロボットの導入により職員の腰部に係る負担を軽減して腰痛の予防を図ることとしました。また入浴介助では、移乗、立位保持、洗身・洗髪等複雑なケアをマンツーマンで行いますが、予期しない動きをされるご利用者様も多いため、ロボットの導入により介護事故の防止を図るとともに、従来2人で対応していたケースを1人対応にして業務の省力化を図ることとしたものです。
 本格的な活用は、これからですが、今後も職員の負担の軽減とご利用者様の安心安全に向け、積極的に取り組んでいく所存です。
 なお、取材の模様は、12月11日に中京テレビ「キャッチ」の中で放映されました。
 
消防避難訓練~なごやかハウス福原~
2018-12-05

 皆様、秋も深まり、街中の紅葉がとてもキレイですね。

 

 福原では、年に2回消防避難訓練を行っています。

11月には地元の伊勝消防団、昭和消防署協力のもと、夜間の火災を想定した訓練を実施しました。

また訓練用の水消火器を使用した放水の手順も職員や入居者様含め、実際に確認しております。

 

 職員ひとりひとりが日頃から、意識を持って今後も取り組んで参ります。

 
なごやかハウス丸池にピエロが来ます!
2018-12-03

 名古屋市港区丸池町からこんにちはlaugh

 なごやかハウス丸池 デイサービスセンターです

 

 来る128日(土)に、な、な、な、なんと

 バルーンアートを変幻自在に操るピエロさんが来てくださいますvv

 実際に見ないと始まらないこの楽しさ

 なんでこんな形の風船が出来るの

 なんでこんな短時間で作れちゃうの

 みなさんの目で、実際に確かめて見て下さい@必見です

 ご来館頂けます事を心よりお待ちしております

 
 
 
 
第1回インターンシップ開催
2018-11-19
 11月17日(土)なごやかハウス三条にて大学3年生を対象とした「第1回インターンシップ」を開催しました。
 
 10時からスタートし介護業界の現状等についてお話させて頂いた後、介護主任と介護スタッフの案内で施設見学をして頂き、昼食はこの日施設で提供された昼食と同じもの(この日は親子丼)を、入社2年目のスタッフと団らんしながら召し上がって頂きました。    午後からはご利用者様とお話しをして頂いたり、研修用の人形(ケイコちゃん)を使って介護技術体験にも挑戦して頂きました。最近では、介護スタッフの身体的負担が軽減されるような介護用品が導入されおり、実際に使用前と使用後を体感して頂きました。
 
 今日の体験を今後の就職活動の参考にして頂けたら嬉しいです。
次回は1月頃に内容を少し変えて開催したいと考えております。学部・学科は問いません。
介護の知識が全くない学生さんも大歓迎です 介護のイメージが激変すると思うので是非ご参加下さい。
 
 マイナビ2020からエントリーして頂くか、052-842-5531(なごや福祉施設協会本部事務局)へ直接お問い合わせ下さい。
 
 
 
 
 
あいち・なごや介護ロボットフォーラム2018
2018-11-16
 
 
 名古屋市総合リハビリテーション事業団様が、介護ロボット等の開発・普及の推進のため主催する『あいち・なごや 介護ロボットフォーラム2018』において、福祉用具・介護ロボット実用化支援事業等取り組み機関として、なごやかハウス滝ノ水のケア統括長が「移乗支援(装置)機器の導入の経緯と活用の実際」の報告を行います。その後パネリストとして意見交換、参加者からの質疑応答にも参加する予定です。
 
 当法人も中長期経営計画の中で先進的介護の導入を検討して行くとしており、その先駆けとして、なごやかハウス滝ノ水で移乗支援(装置)機器HALについて、介護ロボット実用化支援事業に参加し、先日正式に導入したところです。
 
 今後、当法人でも介護に携わる職員の身体を守り、ご利用者に安心していただけるケアを提供するために、ノーリフティングケアの導入やICT、介護ロボットの導入を進めていきます。
 
 まずは、上記フォーラムにお越しいただき、介護ロボット等について知っていただくとともに、当協会の取組についても知っていただけたらと思います。
 
 お申し込みはこちらの名古屋市総合リハビリテーション事業団ホームページからお願いいたします。
<<社会福祉法人なごや福祉施設協会>> 〒466-0031 愛知県名古屋市昭和区紅梅町3丁目3番地 円昭ビル3F TEL:052-842-5531 FAX:052-842-5532